人生の目的を発見し、それに生きるための第一歩は、神との関係の回復です。


 あなたが人生の目的を発見するための第一歩は、神との関係(交わり)の回復です。
 聖書によれば、私たち人間は皆、生まれつき罪の性質を持っており、それゆえに、すべての人が罪人であると言っています。そして、その罪によって、私たち人間は神との関係が断たれている状態にあると言っています。しかし、「罪人」と言われても、ピンと来ない人もいるでしょう。

罪とは、そもそも神が定められた人生の原則を無視して、自分勝手に生きようとする生まれながらの欲望のことです。 つまり、自分が人生の主人であり、中心でありたいという態度のことです。聖書はこのような態度を「罪」と呼んでいるのです。

その罪のゆえに、神と私たち人間との間には越えることのできない深い溝が出来てしまいました。もはや人は神と交わることができなくなってしまったのです。
 神との交わりが断たれていると、人は言いようのない心の虚しさを感じます。しかし、その虚しさが神を求める魂の叫びであることを知っている人はあまりいません。
 ですから、人はこの虚しさを埋めるために、神に向かう代わりに、アルコール、ドラッグ、ギャンブル、不倫、心理療法、スリルなど、様々なことを試そうとするのです。
 しかし、私たちの魂が本当に必要としているものは、神との交わりなのです。この魂の必要は、他のものでは決して満たすことができません。なぜなら、人は本来、神と交わるために造られたからです。

そこで神は、その深いあわれみのゆえに、神と人との交わりを回復させ、人を救おうと、あるプランを考案され、成し遂げられました。ご自分の愛するひとり子を人の姿でこの地上に送り、すべての人が受けるべき罪の刑罰を人に負わせる代わりにご自分の愛する子に負わせられたのです。つまり、罪のない愛するひとり子を犠牲にされたわけです。その愛するひとり子こそ、救い主イエス・キリストです。

ですから、もしあなたが自分が罪人であることを認め、イエス・キリストが十字架上で死なれることによって自分の罪を償ってくださったと信じるなら、たとえ過去にどれほど大きな罪を犯していようとも、すべての罪は赦されます。
 
 また、罪人なのに正しい者とされ、神との関係が回復し、一度も罪を犯したことのない者が受けることのできる最高の祝福にあずかれるようになり、天国で永遠に神と共に生きることができるようになるのです。
 
 また、キリストを信じ、このお方に従って生きていくなら、この地上においても、神が本来私たちに意図されている本当の人生、真に価値ある人生、最善の人生を送ることができるようになるのです!




BACK