網膜周辺部変性症がいやされた!!    


 もう20年以上前の事になります。私は右目に異常を感じるようになりました。元々飛蚊症があったのですが、それが段々ひどくなってきたことと、他にも緑色のものが見えたり、光が見えたりいろいろ変なものが見えてきました。心配になって眼科へ行きましたら、「網膜周辺部変性症」だと言われました。

 「症状がひどくなったりした時は、すぐに来るように。」とお医者さんに言われて、私はショックを受けて家に帰りました。「この病気が進行した場合、多分手術をしなければならないのだろう」と思い、その日からこの病気に対する恐れ、不安の日々が始まりました。それからというもの、ちょっとでも症状に異常を感じた時は、すぐに眼科へとんで行き、検査を受け「大丈夫です。心配はいりません。」と先生に言っていただいてホッとして帰る。又、何日かして異常を感じるようになると、すぐに眼科へとんで行き、検査を受けて「大丈夫です。」と先生に言っていただいてホッとして帰る。という具合でそのような状況は何年も続きました。私は「いつの日か手術をしなければならなくなるのだろう。」と思い、恐れと戦いの日々を過ごしていました。

 そんなある日、兄を訪ねて、ある教会の方が来られることになりました。その日、私は、その方がどんなことを話されるのか隣の部屋から聞き耳をたてていました。すると、その方は「病気になったことを感謝するんですよ。」「感謝、感謝感謝感謝、感謝だよ。」と繰り返し言われたのです。私はその言葉に驚き感動しました。今まで、「病気になったことを感謝する」なんていうことを聞かせてもらったことがありませんでした。私は、良いことを教えてもらえたことの喜びで一杯になりました。目の病気で長い間悩んでいた私は、この病気も感謝すればいいのだということが分かった途端に、長い間の恐れ、不安は取り除かれ解放を受けることができました。ハレルヤ!!

 そしてその日から、網膜の病気になったことを感謝する毎日が始まりました。すると、不思議にもあれだけ色々見えていた異常なものが見えなくなり、「網膜周辺部変性症はいやされた!!」という確信が与えられました。

 何年かたって、たまたま眼科へ行く機会がありましたので、その時網膜の検査もして頂きましたが、全く異常がないと先生に言って頂くことができました。主が間違いなくいやして下さっていたことが分かり、改めて主を褒め称えました。ハレルヤ!!感謝します。(A子)